南魚沼でレストランをお探しなら【八海山泉ヴィレッジ】にお越しください。イタリアンレストラン・薪窯パン工房・ガーデンパーク・地ビールなど、美味しい楽しいがいっぱいの泉ヴィレッジ!大人数でのご利用に最適な、飲み放題が付いた宴会プランもご用意しております。

泉ヴィレッジとは

  • HOME »
  • 泉ヴィレッジとは

img_main_about

泉ヴィレッジとは

八海山 泉ヴィレッジは、霊峰八海山のいただきに源を発し、なだらかな扇状地を伏流した清らかな水が湧きあがる「泉の里」に位置します。

地ビール生産工場棟のほか、窯焼きピッツァをメインとした魚沼発カジュアルイタリアンレストラン「タベルナゴッツォ」、できたてのビールや魚沼の土産物を販売する売店「ポルティコ」、天然酵母の薪窯パンを提供する「コネレテ」、その他フィッシングパークやガーデンなど、美味しい楽しいがいっぱいの食の複合施設です。

気取らず気張らず、ワイワイガヤガヤと楽しいひと時をお過ごしください。

(2008年3月リニューアル)

img_map

有機的建築(オーガニックアーキテクチャ)について

1

泉ヴィレッジの建物は、建築家・白鳥健二氏(新潟ではカーブドッチワイナリーなどで知られる)の手により、有機的建築(オーガニックアーキテクチュア)をテーマにして1998年に建造されました。

古代ギリシャのバシリカ様式を基本に、この魚沼という土地との一体感を重視して、できる限り自然素材を採用しています。

建物全体は、地下水を汲み上げた泉を中心に「生命の誕生」がモチーフ。 レストラン棟は女性的、コンコルディアのある棟は男性的な形態となっています。泉を丸く囲んだ渡り廊下よりそのどちらの棟も望むことができる、独特な形態です。

階段踊り場やレストランの天井には、特徴深いドーム型の意匠を見ることができます。

天井より降りそそぐ自然光が、心地よい解放感を与えてくれます。 瓦屋根と漆喰の壁に不思議な調和を見せるバシリカの教会様式、和洋が有機的に交わる外観。

泉ヴィレッジは、一度訪れた方の記憶にいつまでも残る、そんな力強さと優しさを併せ持った希有な建築物です。

●1999年度 北陸建築文化賞受賞。

建築家白鳥健二のサイト

よろしければシェアを m(__)mShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on TumblrPin on PinterestPrint this page

お気軽にお問い合わせください! TEL 0120-75-3938 営業時間: 10:30-22:00
4月~11月無休/12月~3月木曜定休

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP